↑ライフサイエンス健診クリニック・トップ ↑医療会トップに戻る KYG医療会とは 医療会の概要 リクルート リンク サイトマップ


 
人間ドック、健康診断、特定健診、企業様や事業者様の巡回健診
 
月 〜 金曜日
午前09:00 〜 午後12:00
午後14:00 〜 午後15:30
 
電話:03-5652-0725
 
電話:03-5652-0725
 
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-6-6
ライフサイエンスビル
2・3階
TEL: 03-5652-0808
FAX: 03-5652-0810
 
>>医療法人社団 爽和会
お茶の水駿河台クリニック
>>医療法人社団 豊智会
メディカルサテライト八重洲クリニック
>>順天堂大学医学部付属
順天堂医院
>>聖路加国際病院
>>がん研究会有明病院
 


平成20年4月から、健康診断と保健指導の方法が新しくなります。
医療保険者に、40歳から74歳の被保険者・被扶養者を対象にした特定健診・特定保健指導の実施が義務付けられます。


健診内容で大きく変わる点は、従来の健診項目にはなかった「腹囲測定」が加わり、生活習慣病発症前の段階であるメタボリックシンドロームに重点をおくことです。

今までの健診は「病気の早期発見・早期治療」を目的として行なわれてきましたが、これからの健診では、「生活習慣病を未然に防ぐ」ことを主目的として行なわれます。

メタボリックシンドロームのベースとなっている内臓脂肪型肥満がある人の多くは、糖尿病・高血圧・脂質異常症等の複数の危険因子を併せ持っており、これらの危険因子が重なるほど心疾患や脳血管疾患を発症する危険が高まります。しかし、生活習慣を見直し、内臓脂肪を減らすことで危険因子は改善します。

生涯にわたっての健康を守るためには、予防が何よりも大切です。当クリニックでの健康診断・保健指導をみなさまの健康づくりにお役立てください。



生活習慣病はある日突然発症するのではなく、健診などの結果に現れているものです。早い段階から生活習慣の改善をすることで予防でき、生活習慣の改善の必要性が低い人(情報提供)、中程度の人(動機付け支援)、高い人(積極的支援)という3つのグループに段階分けをして、それぞれのレベルに応じて保健指導が行われます。

【1】情報提供(健診受診者全員)
健診結果から、今の健康状態を把握し、生活習慣の見直しや改善のきっかけとなる情報を提供いたします。
【2】動機付け支援(リスクが出現し始めた段階)
自分の生活習慣の改善点に気づき、目標を設定し、行動に移すことができるような支援を行います。
【3】積極的支援(リスクが重なった段階)
健康状態の改善に向けて、目標を自分で設定し、継続的に実行できるように支援を行います。





 
KYG医療会トップページへ戻る